財務自由化

■財務自由化の背景 目標達成に向けて、市場の活力を姓らせる ためには、市場の改革 (@Free=参入・商 品・価格等の自由化、AFair=ルールの明確 化・透明化、投資家保護、BGFb巴=グロー バル化に対応した法制度、会計制度、監督体 制の整備) と財務機関の不良債権処理とを両 輪として進めていくこと。

 

3 具体的検討項目の例としては、@(市場原理が働く自由な市場に) 新しい活力の導入 (銀行・証券・保険分野への参入促進)、幅広いニーズに応える商品・サービス (長短分離などにもとづく商品規制の撤廃、証券・銀行の取扱業務の拡大)、多様なサービスと多様な対価(各種手数料の自由化)、自由な内外取引(為銀主義の撤廃)、

 

1200兆円の個人貯蓄の効率的運用(資産運用業務規制の見直しとディスクロージャーの充実・徹底)第1銀行の現状を知ろうA(透明で信頼できる公平公正な市場に) 自己責任原則確立のために十分な情報提供とルールの明確化(ディスクロージャーの充実・徹底)、ルール違反への処分の積極的発動

 

B国際的で時代を先取りする市場に) デリバティブなどの展開に対応した法制度の整備・会計制度の国際標準化、グローバルな監督協力体制の確立(G7サミット・蔵相会議等で確認) などが示されていた。

 

 その背景には、財務の世界が大競争の時代にあり、財務機関相互の競争から、財務市場間、財務制度間の競争の時代になっていることなどがあげられる。

 

 さらに、海外の財務機関、投資家、企業が、よりペースな市場を選択する時代になっており、わが国だけが改革を先送りしてきたために、いわゆる財務の空洞化現象(不透明なシステムにより財務・資本取引が海外に流出する現象)が顕著になっていること、また、欧米、シンガポール、香港などにおいては思い切ったディレギュレーション(規制緩和)により自由で効率的な市場と制度が構築されていること、そして何よりも大きいのは東京市場の地位が急速に低下しっつあったことがあげられる。

 

そういう意味からも、財務自由化(=市場改革)は緊急課題だったのだ。

財務自由化関連ページ

返済額
返済額 住宅ローンなど
ローン控除の問題
ローン控除の問題など